誰が星の王子さまを殺したのか

安冨歩 著

王子はバラに支配され、その苦しみを抱えて生きていた-。なぜ王子はバラの棘の話で激昂したのか、なぜ王子はヒツジを欲しがったのか。モラル・ハラスメントの視点から読み解くまったく新しい『星の王子さま』論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物語の構造
  • 2 バラのモラル・ハラスメント
  • 3 キツネのセカンド・ハラスメント
  • 4 「飼いならす」とは何か
  • 5 ボアの正体
  • 6 X将軍への手紙
  • 7 おとなの人・バオバブ・羊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰が星の王子さまを殺したのか
著作者等 安富 歩
書名ヨミ ダレ ガ ホシ ノ オウジサマ オ コロシタ ノカ : モラル ハラスメント ノ ワナ
書名別名 モラル・ハラスメントの罠
シリーズ名 星の王子さま
出版元 明石書店
刊行年月 2014.8
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-4045-6
NCID BB16484971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22466593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想