書く力は、読む力

鈴木信一 [著]

「自他とも認める本読み」なのに、ちょっとした文章も書くことができない-。うまくまとめて書いたつもりが、読みにくいといわれた-。それは、あなたが日ごろ正しく文章を読めていないからである。文章のしくみや構成、言葉のかかり方を論理的に読みとることができていない。論理的に読めていないから、論理的に書くこともできないのだ。読むことと書くことは、表裏一体である。この原理がわかれば、誰でも無理せず「読める文章」が書ける文章講座。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ちゃんと、読めていますか(直感的な「読み」
  • 大人の智恵による「読み」 ほか)
  • 第2章 人はどのように読んできたか(作品とテクスト
  • 誰もが「思い入れ読み」で読んでいる ほか)
  • 第3章 読むことは書くこと(恣意的かつ混成的な「読み」
  • 書くことのメカニズム ほか)
  • 第4章 書くことは読むこと(なぜ、ちぐはぐな文章を書いてしまうのか
  • 「リレー作文」-文をつなぐ学習法 ほか)
  • 第5章 それでも書けないという人へ(書くに値すること
  • 書きながら、発見していく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書く力は、読む力
著作者等 鈴木 信一
書名ヨミ カク チカラ ワ ヨム チカラ
シリーズ名 祥伝社新書 380
出版元 祥伝社
刊行年月 2014.9
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11380-3
NCID BB16469661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22465454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想