民主党政権の挑戦と挫折

伊藤光利, 宮本太郎 編

自民党1党優位体制を覆し多くの国民の支持を得ながらも民主党はなぜ失敗したのか。構造・理念・政策・言説・主体・戦略の相互作用の視角から検証し、日本政治の将来を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民主党のマニフェストと政権運営
  • 第2章 民主党政権下における雇用・福祉レジーム転換の模索
  • 第3章 「地域主権」改革
  • 第4章 民主党政権における予算編成・税制改正-民主党の「与党化」と「自民党化」
  • 第5章 民主党政権下における連合-政策活動と社会的労働運動の分断を乗り越えて
  • 第6章 対立軸の変容とリベラル政治の可能性-福祉政治を軸に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主党政権の挑戦と挫折
著作者等 伊藤 光利
宮本 太郎
書名ヨミ ミンシュトウ セイケン ノ チョウセン ト ザセツ : ソノ ケイケン カラ ナニ オ マナブカ
書名別名 その経験から何を学ぶか
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2014.8
ページ数 215p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2339-6
NCID BB16463993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22465265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想