インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか

吉冨康成 編著

ネットいじめなどに代表されるように、現在SNSなどのコミュニティサイトでは、多くの人権侵害にあたる表現がみられます。本書では、ネット人権侵害の現状と実際を知らせ盲目的なネット利用に警鐘を鳴らすとともに、その対策の端緒ともなるネットパトロールの実践を紹介し、ネット人権侵害対策の糸口を探ってゆきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心を蝕むインターネット
  • 第2章 人権侵害を招くインターネットの正体
  • 第3章 ネット人権侵害
  • 第4章 ネット人権侵害、法律と倫理
  • 第5章 ネット人権侵害を傍観する日本
  • 第6章 ネットパトロール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか
著作者等 吉冨 康成
書名ヨミ インターネット ワ ナゼ ジンケン シンガイ ノ オンショウ ニ ナル ノカ : ネット パトロール ガ トラエタ エスエヌエス ノ キケンセイ
書名別名 Violation of Human rights on the Internet

Violation of Human rights on the Internet : ネットパトロールがとらえたSNSの危険性
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.8
ページ数 130p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-623-07065-7
NCID BB16423977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22460103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想