岩波講座コミュニケーションの認知科学  3

安西祐一郎, 今井むつみ, 入來篤史, 梅田聡, 片山容一, 亀田達也, 開一夫, 山岸俊男 編集委員

「育てる」「真似る」「教える」「だます」「伝える」といった他者との相互作用の進化的基盤はどこにあるのか。脳のどのような作用がそれを生むのか。自己・他者の関係の原点である母子関係から出発し、人の知性や社会性の獲得にいたるしくみを、赤ちゃん学や動物学・ロボット学の成果を通して明らかにし、研究の方向性を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会的相互作用とは何か
  • 第2章 育てる・育てられる-母仔間コミュニケーションによる生物学的絆形成
  • 第3章 真似る・真似られる-模倣の発達的・進化的変遷
  • 第4章 教える・教えられる-進化的適応としての自然ペダゴジー
  • 第5章 だます・協力する-マキャベリ的知性
  • 第6章 伝える・伝えられる-コミュニケーションのリアリティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座コミュニケーションの認知科学
著作者等 Gergely, György
今井 むつみ
入來 篤史
友永 雅己
安西 祐一郎
明和 政子
石黒 浩
菊水 健史
開 一夫
Csibra Gergely
書名ヨミ イワナミ コウザ コミュニケーション ノ ニンチ カガク
書名別名 母性と社会性の起源

The Cognitive Science of Human Communication

Iwanami koza komyunikeshon no ninchi kagaku
巻冊次 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.8
ページ数 183p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-011373-1
NCID BB16413645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22469005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
だます・協力する 友永雅己
伝える・伝えられる 石黒浩
教える・教えられる ガーガリ・チブラ, ジョージ・ガーガリ, 開一夫
母性と社会性の起源 開一夫
真似る・真似られる 明和政子
社会的相互作用とは何か 開一夫
育てる・育てられる 菊水健史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想