中国の資本主義をどうみるのか

徐涛 著

所有制と産業分野の視点から中国企業の成長史を整理し、マクロ統計資料と延べ約1千万社の企業個票データをもちいて、国有・私有・外資企業の「攻防」を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中国経済の「あの手この手」
  • 第1章 国有企業制度と「放権譲利」型改革
  • 第2章 国家資本の戦略的再編
  • 第3章 私有企業の成長
  • 第4章 外資の導入
  • 第5章 国有、私有と外資企業の「陣地」-第2次経済センサス個票データベースに基づく分析
  • 第6章 国有企業と民間企業の「進退」-規模以上鉱工業企業個票データベースに基づく分析
  • 終章 結論と展望
  • 付録1 企業の所有制分類と「民営化」概念
  • 付録2 第2次経済センサス個票データベース
  • 付録3 規模以上鉱工業企業個票データベース

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の資本主義をどうみるのか
著作者等 徐 涛
書名ヨミ チュウゴク ノ シホン シュギ オ ドウ ミル ノカ : コクユウ シユウ ガイシ キギョウ ノ ジッショウ ブンセキ
書名別名 国有・私有・外資企業の実証分析
シリーズ名 シリーズ社会・経済を学ぶ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2014.7
ページ数 282p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8188-2335-8
NCID BB16412664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22452794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想