鎌倉研究の未来

中世都市研究会 編

鎌倉の歴史遺産を未来にどう残すか。東国、平泉、京、そして大陸…、鎌倉世界の独自性とは何か。その研究の課題と問題点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 報告(鎌倉研究の未来
  • 鎌倉における古典知の集積とその背景
  • 考古学からみた鎌倉研究の現状と課題
  • モノが裏づける鎌倉の文献史
  • 都市史からみた鎌倉研究の現状と未来
  • 中世鎌倉における中国文化の受容-出版・建築・石碑を題材に
  • 仏教美術を通じてみた鎌倉と東アジア
  • 中世鎌倉のみちと造塔)
  • 第2部 全体討論・鎌倉研究の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉研究の未来
著作者等 中世都市研究会
書名ヨミ カマクラ ケンキュウ ノ ミライ
書名別名 Kamakura kenkyu no mirai
出版元 山川出版社
刊行年月 2014.8
ページ数 236p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-16002-6
NCID BB16411559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22456359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想