別荘

ホセ・ドノソ 著 ; 寺尾隆吉 訳

とある小国の経済を牛耳るベントゥーラ一族の人びとが毎夏を過ごす辺境の別荘。ある日、大人たちが全員ピクニックに出かけ、別荘には33人のいとこたちだけが取り残された。日常の秩序が失われた小世界で、子どもたちの企みと別荘をめぐる一族の暗い歴史が交錯し、やがて常軌を逸した出来事が巻きおこる…。チリの巨匠ホセ・ドノソの、『夜のみだらな鳥』と並ぶ代表作にして、二転、三転する狂気をはらんだ世界が読む者を眩惑する怪作、待望の邦訳!!1973年チリ・クーデタに触発されたドノソが、類い希なる想像力を駆使し、偏執的とさえいえる緻密な構成で書き上げた、理屈抜きに面白い傑作。後続する作家や世界の批評家たちを今なお魅了しつづける、ラテンアメリカ文学の金字塔。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 別荘
著作者等 Donoso, José
寺尾 隆吉
Donoso Jos'e
ドノソ ホセ
書名ヨミ ベッソウ
書名別名 Casa de campo
シリーズ名 ロス・クラシコス / 寺尾隆吉 企画・監修 1
出版元 現代企画室
刊行年月 2014.8
ページ数 557p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7738-1418-7
NCID BB16392658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22444385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想