哀しすぎるぞ、ロッパ

山本一生 著

「日本の全盛期が僕の全盛期ですかな」時代の喝采を一身に浴びた「昭和の喜劇王」初の評伝!あの戦争で日本人は何を失ったのか。「不機嫌な喜劇王」57年の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 華麗なる一族の喜劇役者(ロッパ誕生
  • 文士と役者の三叉路
  • 宝塚の恥辱から浅草の夏へ)
  • 第2章 東宝古川緑波一座(「笑の王国」の不協和音
  • 東宝のドル箱「古川緑波一座」
  • 「ロッパ若し戦はゞ」と戦争の始まり
  • 「ロッパと兵隊」火野葦平
  • 「髭のある天使」と興亜新劇団)
  • 第3章 戦時下の名作、名舞台(十二月八日の『男の花道』
  • 菊田一夫との別れ
  • ロッパの終戦ものがたり)
  • 第4章 変わる時代、変わらぬロッパ(一座独立と『東京五人男』
  • 人気凋落を告げる手紙
  • 『三人は帰った』の見果てぬ夢)
  • 第5章 哀しき晩年、そして日記(「さくらんぼ大将」の運命の日
  • ロッパの禁煙狂騒曲
  • 「オヤヂさんは、もう出ない方が…」)
  • 終章 日記は俺の情熱、いのち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哀しすぎるぞ、ロッパ
著作者等 山本 一生
書名ヨミ カナシスギルゾ ロッパ : フルカワ ロッパ ニッキ ト キエタ ショウワ
書名別名 古川緑波日記と消えた昭和
出版元 講談社
刊行年月 2014.7
ページ数 445p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-218980-4
NCID BB16369474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22443382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想