物語ベルギーの歴史

松尾秀哉 著

ビールやチョコレートなどで知られるベルギー。ヨーロッパの十字路に位置したため、古代から多くの戦乱の舞台となり、建国後もドイツやフランスなどの強国に翻弄されてきた。本書は、19世紀の建国時における混乱、植民地獲得、二つの世界大戦、フランス語とオランダ語という公用語をめぐる紛争、そして分裂危機までの道のりを描く。EU本部を首都に抱え、欧州の中心となったベルギーは、欧州の問題の縮図でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ベルギー前史
  • 第1章 ベルギー独立-一八三〇〜六四年
  • 第2章 帝国主義と民主主義-一八六五〜一九〇九年
  • 第3章 二つの大戦と国王問題-一九〇九〜四四年
  • 第4章 戦後復興期-一九四五〜五九年
  • 第5章 連邦国家への道-一九六〇〜九二年
  • 第6章 分裂危機-一九九三年〜
  • 終章 「合意の政治」のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ベルギーの歴史
著作者等 松尾 秀哉
書名ヨミ モノガタリ ベルギー ノ レキシ : ヨーロッパ ノ ジュウジロ
書名別名 ヨーロッパの十字路

Monogatari berugi no rekishi
シリーズ名 中公新書 2279
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.8
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102279-0
NCID BB1635253X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想