頭がよくなる遺伝子はあるのか?

石浦章一 著

なぜ効くのか未だにわからない薬がある!?苦味に鈍感であることの進化的意味は?筋力も遺伝子で決まる?生命や遺伝子にまつわるフシギとナゾを、文系でも理解できるよう、身近な話題からやさしく解き明かす。東京大学超人気講義録第3弾『遺伝子が処方する脳と身体のビタミン』待望の文庫化!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講義 サラサラ血液の遺伝子
  • 第2講義 苦味に鈍感は不利?有利?
  • 第3講義 隠れた遺伝
  • 第4講義 薬の上手な飲み方
  • 第5講義 心を健康にする物質と遺伝子
  • 第6講義 体力を高める遺伝子
  • 第7講義 学生結婚のススメ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頭がよくなる遺伝子はあるのか?
著作者等 石浦 章一
書名ヨミ アタマ ガ ヨク ナル イデンシ ワ アル ノカ : トウダイ チョウニンキ コウギ
書名別名 東大超人気講義
シリーズ名 静山社文庫 い5-1
出版元 静山社
刊行年月 2014.8
ページ数 267p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86389-286-6
NCID BB16337831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22452109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想