関東大震災と中国人

田原洋 著

一九二三年九月の関東大震災の時、朝鮮人や社会主義者に対する虐殺とともに、なぜ中国人に対する虐殺があったのか?証言と史料の発掘によって、周恩来の親友で、東京で日本在住中国人のためにセツルメント活動をしていた若き中国人リーダー王希天(一八九六‐一九二三)の死の真相に迫り、政府ぐるみの隠蔽工作を明らかにするドキュメンタリー。特に加害者へのインタビューは圧巻である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 五九年目の新証言
  • 第1章 死地へ赴く
  • 第2章 大島町事件
  • 第3章 早暁の虐殺
  • 第4章 王希天を語る
  • 第5章 隠蔽の企み
  • 第6章 日中間の大問題に発展
  • 第7章 すれ違う日中会談
  • 第8章 日中関係史の袋小路
  • 終章 事件発掘史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関東大震災と中国人
著作者等 田原 洋
書名ヨミ カントウ ダイシンサイ ト チュウゴクジン : オウ キテン ジケン オ ツイセキ スル
書名別名 王希天事件を追跡する
シリーズ名 社会 272
岩波現代文庫 272
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.8
ページ数 19,262p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603272-2
NCID BB16332292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22462305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想