火薬のはなし

松永猛裕 著

小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたM‐Vロケットは、全段が固体ロケット推進薬で構成されていました。実は「爆発する物質」は、我々のまわりに無数にある。意外なことに、火薬にとっての絶対条件は、必要ない時は「絶対に爆発しないこと」なのだ。火薬のサイエンスから、身のまわりの実用まで火薬のすべてを分かりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 火薬の原理
  • 第2章 サイエンスの視点で見た火薬
  • 第3章 実用化されている火薬
  • 第4章 花火
  • 第5章 火薬のいろいろな使い方
  • 第6章 国内の法令および国際的な取り決め

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火薬のはなし
著作者等 松永 猛裕
書名ヨミ カヤク ノ ハナシ : バクハツ ノ ゲンリ カラ ミ ノ マワリ ノ カヤク マデ
書名別名 爆発の原理から身のまわりの火薬まで
シリーズ名 ブルーバックス B-1879
出版元 講談社
刊行年月 2014.8
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257879-0
NCID BB16332011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22459545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想