ジャーナリズムの現場から

大鹿靖明 編著

第一線ジャーナリスト10人が語ったプロフェッショナルの流儀。ヤング・パーソンズ・ガイド。バックグラウンドも専門分野も違う10氏だが、意外にも方法論に一定の共通要素がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 命がけの探検取材から見えてくる「真実」-角幡唯介(ノンフィクション作家/探検家)
  • 第2章 経済ジャーナリストとしての矜持-高橋篤史(ジャーナリスト)
  • 第3章 現実主義に立って、論を説く-長谷川幸洋(東京新聞論説副主幹)
  • 第4章 タブーに果敢に挑んでこその週刊誌ジャーナリズム-安田浩一(ジャーナリスト)
  • 第5章 取材相手に無理強いしない「一緒に考える」という立ち位置-大治朋子(毎日新聞エルサレム支局長)
  • 第6章 腕利き社会部記者の「美学」とセカンドライフ-坂上遼(小俣一平)(探訪記者)
  • 第7章 生活と作品が連動、子育てと家族の問題を追いかける-杉山春(ルポライター)
  • 第8章 あえて歴史にこだわる理由を話そう-栗原俊雄(毎日新聞学芸部記者)
  • 第9章 日経新聞社長と刺し違えたスクープ記者の「挽歌」-大塚将司(元日本経済新聞記者)
  • 第10章 文字と放送二つの世界に生きる強い使命感が支える驚異の取材力-堀川惠子(ジャーナリスト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャーナリズムの現場から
著作者等 大鹿 靖明
書名ヨミ ジャーナリズム ノ ゲンバ カラ
書名別名 Janarizumu no genba kara
シリーズ名 講談社現代新書 2276
出版元 講談社
刊行年月 2014.8
ページ数 349p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288276-7
NCID BB16329527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22458046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想