民話の世界

松谷みよ子 [著]

赤神と黒神、福の神と貧乏神、つつじの娘、小泉小太郎、そして龍の子太郎…。語り継いできた祖先たちの生きた歴史世界にとどまらず、聞き手であったわれわれが新たに語り手となりゆくことで広がる世界とは。戦後児童文学における開拓者であるだけではなく、長く民話の採録・再話に取り組んだ著者が描き出す、民衆の"語り"とその豊饒の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 民話との出会い-山を越えて(民話との出会い
  • 狐の地図
  • 祖先という言葉 ほか)
  • 第2部 民話の魅力(象徴的に語ることについて
  • 貧乏神のこと
  • ある夫婦愛について-爺と婆の ほか)
  • 第3部 ふたたび山を越えて-私もあなたも語り手であること(民衆が語ればすべて民話なのか
  • 桃太郎と金太郎と
  • 再話について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民話の世界
著作者等 松谷 みよ子
書名ヨミ ミンワ ノ セカイ
シリーズ名 講談社学術文庫 2251
出版元 講談社
刊行年月 2014.8
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292251-7
NCID BB16328400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22454621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想