おくのほそ道

松尾芭蕉 著 ; 角川書店 編

旅が生活であった芭蕉の旅日記「おくのほそ道」。だが、単なる日記を超えて、風雅の誠を求め続けた魂の記録でもある。現代語訳だけ読んでもダイレクトに古典の面白さを味わえる。地図や名所、植物など、図版も豊富に収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人生は旅-みちのく憧憬
  • 旅立ち-弥生のあけぼの
  • 草加の宿-旅の第一夜
  • 室の八島-木の花咲耶姫
  • 日光-仏五左衛門の宿
  • 黒髪山-同行者曾良
  • 那須野-八重撫子のかさね
  • 黒羽-玉藻の前・那須の与一
  • 雲巌寺-禅の師仏頂和尚の庵
  • 殺生石-那須温泉〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おくのほそ道
著作者等 松尾 芭蕉
角川書店
書名ヨミ オク ノ ホソミチ
シリーズ名 ビギナーズ・クラシックス
角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2001.7
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 4043574029
NCID BA53376074
BB16326471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想