災害時における食とその備蓄

新潟大学地域連携フードサイエンスセンター 編

[目次]

  • 第1章 震災と食-東日本大震災の経験から(被災体験で感じた食のありがたさ
  • 避難所における食の安全 ほか)
  • 第2章 非常食から災害食へ-開発と課題(地震災害と被害
  • 今後の地震と被害想定 ほか)
  • 第3章 非常食をはじめとする防災備蓄用品の流通のあり方(東日本大震災被災地から「循環する非常食」を生み出す試みについて
  • 「防災経済」と「余剰生産物」の相性について ほか)
  • 第4章 災害食の機能と備え-新たな枠組みと制度改革(災害食の機能を問い直す-カンチガイな災害食
  • 避難生活者の食事と健康保持-どうすればよいか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害時における食とその備蓄
著作者等 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター
書名ヨミ サイガイジ ニ オケル ショク ト ソノ ビチク : ヒガシニホン ダイシンサイ オ フリカエッテ シュト チョッカガタ ジシン ニ ソナエル
書名別名 東日本大震災を振り返って,首都直下型地震に備える
出版元 建帛社
刊行年月 2014.8
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7679-6177-4
NCID BB16299812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22459996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想