人文学概論

安酸敏眞 著

本書は、文学や思想、歴史など人文学系の学習を始める新入生が、専門分野を超えて最低限の知識、素養として習得すべき内容を簡潔にまとめたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人文学の歴史と現状(「人文学の終焉」からのスタート
  • ギリシアにおける学知の誕生
  • パイデイアとヨーロッパ的教養の伝統
  • 知識人の覚醒と大学の誕生
  • ルネサンス人文主義と「フマニタス研究」
  • 「フンボルト理念」と近代的大学の理想)
  • 人文学の諸相(人間と文化
  • 言語と芸術
  • 神話・宗教・祝祭
  • 時間・記憶・歴史
  • 原典と翻訳
  • 文献学と解釈学
  • 書籍と図書館
  • 情報とメディア
  • 新人文学/新人文主義のゆくえ
  • 人文学研究とその方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人文学概論
著作者等 安酸 敏眞
書名ヨミ ジンブンガク ガイロン : アタラシイ ジンブンガク ノ チヘイ オ モトメテ
書名別名 新しい人文学の地平を求めて
出版元 知泉書館
刊行年月 2014.7
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86285-192-5
NCID BB16293441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22502712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想