個人情報保護法の現在と未来

石井夏生利 著

SNS、ビッグデータ等、日々新しい技術やサービスが生まれる激動の時代。混沌とした事態に陥るだけなのか、新しい潮流を生み出していくのか。世界各国の取組を客観的かつ俯瞰的に評価しつつ、日本のプライバシー・個人情報保護論議に方向性を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プライバシー・個人情報保護の新たな世界的潮流と日本
  • 第1部 プライバシー・個人情報保護法の最新国際動向(OECDプライバシー・ガイドライン改正
  • EU一般データ保護規則提案
  • 欧州評議会第108号条約の見直し
  • セーフハーバーとAPEC越境プライバシー・ルール
  • 米国の国家安全と監視強化
  • 米国の消費者プライバシー保護)
  • 第2部 情報連携とプライバシー・個人情報保護(英国IDカード法の制定と廃止
  • 米国の社会保障番号
  • 共通番号法)
  • 個人情報保護法の将来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個人情報保護法の現在と未来
著作者等 石井 夏生利
書名ヨミ コジン ジョウホウ ホゴホウ ノ ゲンザイ ト ミライ : セカイテキ チョウリュウ ト ニホン ノ ショウライゾウ
書名別名 世界的潮流と日本の将来像

Kojin joho hogoho no genzai to mirai
出版元 勁草書房
刊行年月 2014.7
ページ数 490p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-40295-3
NCID BB16274130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22452968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想