昆虫はすごい

丸山宗利 著

私たち人間がやっている行動や、築いてきた社会・文明によって生じた物事は、ほとんど昆虫が先にやっている。狩猟採集、農業、牧畜、建築、そして戦争から奴隷制、共生まで、彼らはあらゆることを先取りしてきた。特に面白いのは繁殖行動。相手と出会うため、あの手この手を使い、贈り物、同性愛、貞操帯、子殺し、クローン増殖と何でもアリだ。どうしても下に見がちな私たちの思考を覆す、小さな生物のあっぱれな生き方を気鋭の研究者が大公開!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 どうしてこんなに多様なのか(昆虫の多様性
  • 昆虫ってなに? ほか)
  • 第2章 たくみな暮らし(収穫する
  • 狩る ほか)
  • 第3章 社会生活(社会生活を営む昆虫
  • 狩猟採集のくらし ほか)
  • 第4章 ヒトとの関わり(ヒトの作り出した昆虫
  • 昆虫による感染症 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昆虫はすごい
著作者等 丸山 宗利
書名ヨミ コンチュウ ワ スゴイ
書名別名 Konchu wa sugoi
シリーズ名 光文社新書 710
出版元 光文社
刊行年月 2014.8
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03813-7
NCID BB16265140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22453951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想