子育ての哲学

山竹伸二 著

子育てが困難な現代社会。何のために子育てをしているのか、自分がやっていることは子どものためになっているのかと悩む親も多いでしょう。本書は哲学や心理学、とりわけ現象学と呼ばれる学問的観点から、育児の本質を問い直します。子どもにとって本当に大事なのは「自由」と「主体性」。子どもが自分で生きていくための力を引き出すにはどうすればいいのか、その方法から、子育ての実存的意味までを、できる限りわかりやすく考察する、これまでにない子育て入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 子どもの幸せってなんだろう?
  • 第1章 親ってなんだろう?
  • 第2章 なんで子どもを育てるんだろう?
  • 第3章 子どもの感情をどう受け止める?
  • 第4章 子どもをどうほめる?
  • 第5章 子どもを社会へどう導けばいい?
  • 終章 よい子育てってなんだろう?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子育ての哲学
著作者等 山竹 伸二
書名ヨミ コソダテ ノ テツガク : シュタイテキ ニ イキル チカラ オ ハグクム
書名別名 主体的に生きる力を育む

Kosodate no tetsugaku
シリーズ名 ちくま新書 1085
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.8
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06792-0
NCID BB16258203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想