琉球独立論

松島泰勝 著

なぜいま独立なのか!琉球人教授が書き下ろした植民地琉球の歴史と現状、そして独立への道。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 琉球小史(琉球王国の成り立ち
  • 植民地となった近代琉球
  • 戦時下の琉球と米軍統治時代
  • 「復帰」という名の琉球再併合)
  • 第2部 なぜいま独立なのか(植民地の実態
  • 琉球のナショナリズム
  • 琉球独立論の系譜
  • 琉球独立論は暴論か)
  • 第3部 琉球独立への道(骨くされ根性の克服
  • 日本および国際社会への訴求
  • 多角的な国際関係構築による安全保障
  • 琉球の未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉球独立論
著作者等 松島 泰勝
書名ヨミ リュウキュウ ドクリツロン : リュウキュウ ミンゾク ノ マニフェスト
書名別名 琉球民族のマニフェスト
出版元 バジリコ
刊行年月 2014.7
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86238-211-5
NCID BB16254767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22453019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想