山田耕筰

後藤暢子 著

山田耕筰(一八八六〜一九六五)作曲家。日本初代の作曲家である山田耕筰への評価は、これまで歌曲に絞り込まれてきた。本書では、作品・著作などの資料調査と現地踏査に基づき、異文化圏の芸術受容の前衛という視座から、彼の創作行為、その苦悩と愉悦を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 作曲家の原風景
  • 第2章 ベルリン留学-一九一〇〜一二年
  • 第3章 ベルリン留学-一九一三年
  • 第4章 日本初代の作曲家
  • 第5章 円熟を期して
  • 第6章 詩人たちとの交遊
  • 第7章 時勢の波間で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山田耕筰
著作者等 後藤 暢子
書名ヨミ ヤマダ コウサク : ツクル ノ デワ ナク ウム
書名別名 作るのではなく生む

Yamada kosaku
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.8
ページ数 428,16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04431-3
NCID BB16253378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22450711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想