民族の創出

岡本雅享 著

古代の王政復古を掲げて近代国家の仲間入りを図った日本では、記紀神話に民族のルーツを求めて大和民族という概念が創り出されるが、古代に遡る民族設定は大和に「まつろわぬ」人々とされた出雲、エミシ、クマソ等の民族も同時に生み出した。混合民族論が主流だった日本で、戦後単一民族論が拡がったのはなぜか。大和中心のNation Building(民族意識や国民の形成)を出雲、エミシ、クマソの視点から捉え直し、同質社会観で覆い隠された日本人内部の多様性を解き明かしながら、多元国家観に基づく民族意識の再構築を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出雲からみた民族の創出
  • 第2章 言語不通の列島から単一言語発言への軌跡
  • 第3章 二人の現津神-出雲からみた天皇制
  • 第4章 創られた建国神話と民族意識-記紀と出雲神話の矛盾
  • 第5章 島国観再考-内なる多文化社会論構築のために
  • 第6章 アテルイ復権の軌跡とエミシ意識の覚醒
  • 第7章 クマソ復権運動と南九州人のアイデンティティ
  • 第8章 新たな民族の誕生-池間民族に関する考察
  • 終章 同質社会幻想からの脱却と多元社会観の構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族の創出
著作者等 岡本 雅享
書名ヨミ ミンゾク ノ ソウシュツ : マツロワヌ ヒトビト カクサレタ タヨウセイ
書名別名 まつろわぬ人々、隠された多様性
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.7
ページ数 408p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024872-3
NCID BB16252954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22453346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想