エンジニアのためのフィードバック制御入門

Philipp K.Janert 著 ; 野原勉 監訳 ; 星義克, 米元謙介 訳

「フィードバック制御」の歴史は古く、18世紀に起こった産業革命に起源を持ちます。本書は産業界では常識であってもソフトウェア業界では知られていなかったこの概念を、ソフトウェアエンジニアたちに広く紹介し、品質や生産性を上げることを目的に執筆された画期的かつ野心的な一冊です。著者は著名なPythonプログラマであり、ソフトウェアエンジニアの視点に立ち、理論よりも実用に重きを置いており、特に事例の多さは圧巻です。シミュレーションのコードがすべてPythonで書かれており、実際に試して、現場のプロジェクトに応用して生かすことができる実践的な内容です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎(フィードバック制御への誘い
  • フィードバックシステム ほか)
  • 第2部 実践への準備(理論を知る
  • 伝達関数の測定 ほか)
  • 第3部 ケーススタディ(シミュレーションによる制御系の検証
  • ケーススタディ:キャッシュヒット率 ほか)
  • 第4部 理論(伝達関数
  • ブロック線図上での代数計算とフィードバック方程式 ほか)
  • 第5部 付録(用語の説明
  • Gnuplotでグラフを作成する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エンジニアのためのフィードバック制御入門
著作者等 Janert, Philipp K
星 義克
米元 謙介
野原 勉
ジャナート フィリップ・K.
書名ヨミ エンジニア ノ タメ ノ フィードバック セイギョ ニュウモン
書名別名 Feedback Control for Computer Systems

Enjinia no tame no fidobakku seigyo nyumon
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2014.7
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87311-684-6
NCID BB16237462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22450271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想