消されたマッカーサーの戦い

田中宏巳 著

敗戦直後、アメリカが創り出した"太平洋戦争史"は、マッカーサーの島嶼戦が除外されたため、GHQ内部に対立を招いた。この確執から生じた「マッカーサーレポート」を検証し、今も残る太平洋戦争史の呪縛を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 想定されなかった「島嶼戦」(島嶼戦とは何か
  • 米軍と日本軍の島嶼戦)
  • 2 CI&Eの『太平洋戦争史』と「真相箱」(「太平洋戦争史」の発表
  • 「真相はこうだ」と「真相箱」)
  • 3 G2歴史課が編纂した戦史(ウィロビーの戦史編纂の動き
  • G2歴史課の設置
  • 日本側の資料収集態勢
  • 『マッカーサーレポート』の刊行
  • 『マッカーサーレポート』の検証)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消されたマッカーサーの戦い
著作者等 田中 宏巳
書名ヨミ ケサレタ マッカーサー ノ タタカイ : ニホンジン ニ スリコマレタ タイヘイヨウ センソウシ
書名別名 日本人に刷り込まれた〈太平洋戦争史〉
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.8
ページ数 231,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08257-0
NCID BB16195227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22450470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想