少子化時代の「良妻賢母」

スーザン・D・ハロウェイ 著 ; 高橋登, 清水民子, 瓜生淑子 訳

なぜ日本の女性は結婚・子育てに前向きになれないのか?子育てにおける責任の重さ、協力的でない夫、世間の厳しい目、仕事を続けることの難しさ…「良妻賢母」もラクじゃない。母親へのインタビューの詳細な分析から探る、子どもをもって幸せに生きられる社会への処方箋とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(「良妻賢母」-文化的な文脈のもとでの子育てと家庭生活
  • 研究の時間的・空間的な位置づけ)
  • 第2部(「賢母」とは
  • 反省-自己省察のプロセス)
  • 第3部(子ども時代の記憶
  • 夫たち-重要なパートナーか、周辺の他人か?)
  • 第4部(しつけ-子育ての秘訣
  • 子どもの学校教育への母親の関与
  • 仕事と家庭生活のバランスをとる
  • 女性と家庭生活-イデオロギー、経験、行為主性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少子化時代の「良妻賢母」
著作者等 Holloway, Susan D
清水 民子
瓜生 淑子
高橋 登
ハロウェイ スーザン・D.
書名ヨミ ショウシカ ジダイ ノ リョウサイ ケンボ : ヘンヨウ スル ゲンダイ ニホン ノ ジョセイ ト カゾク
書名別名 WOMEN AND FAMILY IN CONTEMPORARY JAPAN

変容する現代日本の女性と家族
出版元 新曜社
刊行年月 2014.7
ページ数 340,36p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7885-1394-5
NCID BB16192218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22446353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想