光合成生物の進化と生命科学

三村徹郎, 川井浩史 編著

本書は、光合成生物がいつ生まれ、どのように進化・多様化し、現在に至っているか、また人類とのかかわり合いの中で、今後どのように変わっていくと考えられるかを、進化系統学、生態学、生理学、ゲノム学、分子育種学など多方面の専門家が、それぞれの言葉でわかりやすく解説した、他に類をみない教科書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 光合成生物という生命の生き方
  • 2章 光合成の本質を探る
  • 3章 光合成生物の歴史と多様性
  • 4章 海・湖沼での光合成生物(藻類・水草)の暮らしとそれを支えるメカニズム
  • 5章 陸上環境への適応と、環境シグナルの受容
  • 6章 真核光合成生物のゲノム科学
  • 7章 バイオテクノロジーの現状と課題
  • 8章 人類がもたらす地球環境変動と植物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光合成生物の進化と生命科学
著作者等 三村 徹郎
川井 浩史
書名ヨミ コウゴウセイ セイブツ ノ シンカ ト セイメイ カガク
出版元 培風館
刊行年月 2014.6
ページ数 194p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-07813-3
NCID BB16188935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22441488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想