宮本常一講演選集  6 (日本文化の形成 講義1)

宮本常一 著 ; 田村善次郎 編

日本文化の源流を探求することは宮本常一の終生のテーマであった。古代アジアの稲作は日本列島にどのようにしてもたらされ広がっていったのか。焼畑と狩猟はどのような関係があるのか。竪穴の暮らしはいつまで続いたのか…。生涯にわたる膨大なフィールドワークの裏付けのもとに、考古学・歴史学・民族学などの知見を織り込みながら若者に縦横無尽に語った講義「日本文化の形成」。本巻はその前半を収録。併せて、講義と相補する講演「海洋文化と福岡」を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一九七九年七月六日(縄文の後裔
  • 渡来人と稲作 ほか)
  • 2 一九七九年九月七日(竪穴の暮らしと土蜘蛛
  • 稲作と鉄 ほか)
  • 3 一九七九年一〇月五日(大陸と列島弧
  • 古代アジアの農耕 ほか)
  • 4 一九七九年一一月二日(焼畑と狩猟
  • 農耕と秦氏の役割)
  • 5 一九七九年一二月七日(農耕文化と機織技術の伝来
  • 畑作の諸相)
  • 付 海洋文化と福岡(竪穴住居と土蜘蛛
  • 高床はどこから来たか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一講演選集
著作者等 宮本 常一
田村 善次郎
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ コウエン センシュウ
書名別名 Miyamoto tsuneichi koen senshu
巻冊次 6 (日本文化の形成 講義1)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2014.7
ページ数 372p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-540-13146-2
NCID BB16172265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22448937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想