ケアの宛先

鷲田清一, 徳永進 著

マニュアルやコンプライアンスに縛られたり、息苦しさを感じている対人援助の現場に、ホスピタリティあふれる言葉を届ける、"臨床の知"をめぐる軽妙洒脱な対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 交感するケア(おばあちゃんの朗読
  • 迷惑かけてありがとう ほか)
  • 第1章 ベッドサイドからの哲学(京都への愛憎
  • 地の言葉=方言の魅力 ほか)
  • 第2章 ケアを語る流儀と作法(瀬戸際のコミュニケーション
  • 手のひらに描かれた「○」 ほか)
  • 第3章 "死"の臨床とユーモア(彼岸の意味
  • 無呼吸の試練 ほか)
  • 第4章 在宅という鉱脈-症例検討(医療よりケアが大事
  • リーダーの三条件 ほか)
  • エピローグ 発酵する知(ファッションにはジャストフィットはない
  • 正義は暴力に転化する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアの宛先
著作者等 徳永 進
鷲田 清一
書名ヨミ ケア ノ アテサキ : リンショウイ リンショウ テツガク オ マナビ ニ イク
書名別名 臨床医、臨床哲学を学びに行く
出版元 雲母書房
刊行年月 2014.6
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87672-333-1
NCID BB16171193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22432256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想