Progress & Applicationパーソナリティ心理学

小塩真司 著

本書は、誰もがもつ「性格」への疑問と、心理学で研究されているパーソナリティという概念との間の橋渡しとなる入門書です。パーソナリティ心理学について、その歴史、測定方法、社会との関わりに至るまで、気鋭の著者が特性論を中心に論じます。はじめてパーソナリティ心理学を学ぶ方、「性格」について興味をもち、より深く知りたい方におすすめの一冊です。2色刷。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パーソナリティをどう考えるか
  • 第2章 分けること
  • 第3章 パーソナリティ用語の探求
  • 第4章 パーソナリティ特性の探求
  • 第5章 5つのパーソナリティ特性
  • 第6章 ビッグ・ファイブの評価とその他の見方
  • 第7章 測定上の注意
  • 第8章 さまざまな検査
  • 第9章 さまざまなパーソナリティ特性
  • 第10章 パーソナリティの諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Progress & Applicationパーソナリティ心理学
著作者等 小塩 真司
書名ヨミ プログレス アンド アプリケーション パーソナリティ シンリガク
書名別名 Puroguresu ando apurikeshon pasonariti shinrigaku
シリーズ名 Progress & Application 8
出版元 サイエンス社
刊行年月 2014.7
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7819-1343-8
NCID BB16163322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22448838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想