絶望のテレビ報道

安倍宏行 著

テレビニュースは、なぜつまらなくなったのか?ニュースとワイドショーの垣根の喪失、ニュース番組なのに視聴率を取らなければならない現実、番組や企画を外注することによる「やらせ」の多発。そして、記者の取材への熱意はなくなり、取材力の低下が著しい現場…。長年、テレビ現場で人気報道番組のキャスター、経済部長、解説委員を歴任した著者が、テレビ報道の内側を余すところなく著す。また、テレビ報道の転換点になった事象や日米のネットジャーナリズムの動向を分析し、今後のメディアのあり方についても提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絶望のテレビ報道
  • 第2章 テレビニュースの作られ方と問題点
  • 第3章 テレビを取り巻く激動の環境変化
  • 第4章 視聴率を気にしないテレビニュースへの挑戦
  • 第5章 テレビニュースの未来とこれからのメディアのあり方
  • 第6章 テレビはなぜネットに勝てないのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶望のテレビ報道
著作者等 安倍 宏行
書名ヨミ ゼツボウ ノ テレビ ホウドウ
シリーズ名 PHP新書 935
出版元 PHP研究所
刊行年月 2014.7
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82019-4
NCID BB16158683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22446531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想