ミシンと衣服の経済史

岩本真一 著

19世紀後半から20世紀半ばにかけて、シンガー社のミシンは世界を席巻し、東アジアはその最終市場であった。本書はこの状況下での同社の日本進出を中心に、近代日本におけるミシンの普及と衣服産業の展開をたどる。その上で、工場内生産のみならず家内生産にも視野を広げ、断片的にしか知られていない近代日本衣服産業の概要と特徴を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の所在と本書の課題
  • 第1部 ミシンの特質と普及過程(繊維機械としてのミシン
  • ミシン多様化の意味
  • ミシンの東アジアへの普及
  • 近代女性の共時性と衣服商品化の波
  • 日本のミシン輸入動向と普及経路)
  • 第2部 衣服産業の形態と展開過程(衣服産業の類型-規模と生産体制
  • 衣服産業の地域分布
  • 中規模工場の経営動向-藤本仕立店の生産体制と多品種性
  • 製帽業の構造と展開-その多様性と工程間分業)
  • ミシンと衣服の経済史-生産体制論と現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミシンと衣服の経済史
著作者等 岩本 真一
書名ヨミ ミシン ト イフク ノ ケイザイシ : チキュウ キボ ケイザイ ト カナイ セイサン
書名別名 地球規模経済と家内生産

Mishin to ifuku no keizaishi
出版元 思文閣
刊行年月 2014.7
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1719-9
NCID BB16140269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22453821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想