ポール・リクール

ジャン・グロンダン 著 ; 杉村靖彦 訳

各時期の哲学思想を丹念に読み解き、整理した博覧強記な哲学者。その作業を通して、みずからの思索を展開していった。そのため、その思索には現代哲学を構成するすべての主要な流れが織り込まれている。初期の「意志の哲学」に光を当て、「解釈学」の独自性を解いた入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三重の系譜
  • 第2章 意志の能力と無能についての哲学(方法上の注意事項
  • 依存的自由の受肉した意志
  • 過ちの謎
  • 悪の象徴への聴従)
  • 第3章 解釈学への最初の進出-時には忘れられてしまうその意味について(一九六〇年の解釈学が担う再建という課題
  • 現代における聖の忘却を解釈学によって乗り越える?
  • 一九六〇年における解釈学的転回の「その後の」変容)
  • 第4章 解釈の諸可能性のアーチ(「解釈について(De interpretatione)」
  • 諸解釈の気高き葛藤について
  • 解釈学の短い道と長い道
  • 隠喩の道
  • 解釈学のアーチと意味の矢)
  • 第5章 成熟期の著作群における自己の解釈学(歴史的時間意識の解釈学-時間は数えられているがゆえに物語られる
  • 倫理と化した解釈学
  • 記憶し忘却できる人間の解釈学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポール・リクール
著作者等 Grondin, Jean
杉村 靖彦
グロンダン ジャン
書名ヨミ ポール リクール
書名別名 Paul Ricœur
シリーズ名 文庫クセジュ 992
出版元 白水社
刊行年月 2014.7
ページ数 163,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50992-0
NCID BB16129765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想