子育てと仕事の社会学

西村純子 著

女性を働きにくくしているものは、なにか?「子育ても仕事も」可能な社会を実現する方策を問う。働く女性の結婚・出産・子育ての現実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「女性の社会進出」?-M字型カーブが示すもの
  • 第2章 結婚、出産・育児と女性の就業
  • 第3章 女性の就業行動を説明する理論
  • 第4章 戦後の日本社会の歴史的文脈-女性の就業行動を左右する要因の歴史的変動
  • 第5章 出産・育児期の女性の就業行動とその変化は、どのように説明されるのか-出産・育児期の女性の就業の規定要因
  • 第6章 出産後からポスト育児期にかけての就業キャリア
  • 第7章 シングルマザーの就業キャリア
  • 第8章 「子育ても仕事も」が可能な社会へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子育てと仕事の社会学
著作者等 西村 純子
書名ヨミ コソダテ ト シゴト ノ シャカイガク : ジョセイ ノ ハタラキカタ ワ カワッタカ
書名別名 女性の働きかたは変わったか
シリーズ名 現代社会学ライブラリー 15
出版元 弘文堂
刊行年月 2014.8
ページ数 167p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-335-50137-1
NCID BB16121832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22444242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想