アジアの環境研究入門

古田元夫 監修 ; 卯田宗平 編

[目次]

  • 第1部 社会のなかの個人(トンガ人はなぜ太る?-人類生態学から考える
  • 病は誰が決めるのか?-精神看護学から考える
  • 環境改善でマラリアは予防できるか?-国際保健学から考える)
  • 第2部 自然の振る舞い(なぜ里山の生物多様性を守るのか?-地域生態学から考える
  • 濁った海は汚いのか?-沿岸環境学から考える
  • 人は森林とどう暮らすか?-環境社会学から考える
  • スギは河川の生物にとって「悪者」か?河川生態学から考える)
  • 第3部 他者とのかかわり(国際保健事業とどのように関わるべきか?-国際政治学から考える
  • 災害に「強い」社会とは?-労働とジェンダーから考える
  • グリーン・ツーリズムは地域再生に役立つか?-地域社会学から考える)
  • 第4部 展開される知(アジアの水は安全か?-都市環境工学から考える
  • 新しいコンピューティング環境を創造できるのか?-ユビキタス・コンピューティングから考える
  • 都市の大気汚染はなぜ解決されないのか?-都市環境工学から考える
  • どうして水不足が生じるのか?-サステイナビリティ学から考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの環境研究入門
著作者等 卯田 宗平
古田 元夫
書名ヨミ アジア ノ カンキョウ ケンキュウ ニュウモン : トウキョウ ダイガク デ マナブ ジュウゴコウ
書名別名 東京大学で学ぶ15講
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2014.7
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-060311-9
NCID BB16119604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想