代表制という思想

早川誠 著

「国の規模が大きくなったので、やむなく代表制が採られている」「代表制は直接民主主義の次善策」という"直接民主主義の神話"を根底から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 代表制は必要悪か?
  • 第1章 首相公選と世論
  • 第2章 "デリバレーション"の意味するもの
  • 第3章 代表の概念
  • 第4章 代表制民主主義の思想的基盤
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 代表制という思想
著作者等 早川 誠
書名ヨミ ダイヒョウセイ ト イウ シソウ
書名別名 Daihyosei to iu shiso
シリーズ名 選書〈風のビブリオ〉 1
出版元 風行社
刊行年月 2014.6
ページ数 210,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86258-084-9
NCID BB16112718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想