「良心」から企業統治を考える

田中一弘 著

コーポレート・ガバナンス改革に違和感を持っている人へ。「監視」と「報酬」の欧米流ではない日本企業を支えてきた経営のメカニズムに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 企業統治の「新しい」見方
  • 第2章 企業統治の空洞と核心
  • 第3章 良心による企業統治
  • 第4章 良心を喚起しやすかった日本の企業システムと価値観
  • 第5章 良心による企業統治はなぜ良いのか
  • 第6章 良心による企業統治の限界と補完
  • 第7章 逆風下の良心による企業統治
  • 第8章 良心による企業統治を守っていくために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「良心」から企業統治を考える
著作者等 田中 一弘
書名ヨミ リョウシン カラ キギョウ トウチ オ カンガエル : ニホンテキ ケイエイ ノ リンリ
書名別名 日本的経営の倫理

Ryoshin kara kigyo tochi o kangaeru
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2014.8
ページ数 203,22p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-53345-1
NCID BB16101482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22450481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想