太平洋戦争を考えるヒント

保阪正康 著

「あの戦争」を真剣に見つめるべき時が来た!勇ましい言論が台頭する中で、今、日本人が持つべき冷厳な視線とは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遠ざかりゆく太平洋戦争(「自虐史観」と言われた私
  • 私が会った「昭和史の証人」秘録
  • 「昭和史の真実」の断片を求めて ほか)
  • 第2部 太平洋戦争をめぐる五つの人物論(山本五十六愚将論を考える
  • 阿南惟幾自決の真相-二・二六と聖断
  • エリート軍人・四王天延孝はなぜ陸軍の指導者たり得なかったか ほか)
  • 第3部 ドキュメント・太平洋戦争(高橋是清の矜持
  • 虚構の疑獄「帝人事件」とは何だったのか
  • 満州事変と満州国 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争を考えるヒント
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ オ カンガエル ヒント
書名別名 Taiheiyo senso o kangaeru hinto
出版元 PHP研究所
刊行年月 2014.7
ページ数 383p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-65451-5
NCID BB16093249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22436523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想