ロゴスとイデア

田中美知太郎 著

ギリシャ哲学の徹底的な読解によって日本における西洋哲学研究の基礎をきずいた著者が、「現実」「未来」「過去」「時間」「ロゴス」「イデア」といった根本概念の発生と変遷をたどった代表作。半世紀の時を超え初の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現実-主としてπαρ`ον π'αθοcの意味における
  • 未来
  • 過去-記憶と歴史について
  • 時間
  • ロゴス
  • ミソロゴス-主として言行一致の要求における
  • 名目
  • イデア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロゴスとイデア
著作者等 田中 美知太郎
書名ヨミ ロゴス ト イデア
シリーズ名 思想 8
文春学藝ライブラリー 8
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.6
ページ数 392p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813019-9
NCID BB16092020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22433249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想