ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー

端田晶 著

ビールで国を守る!?明治時代、麦酒国産化に賭けた熱き男たちのドラマ、明治天皇がお代わりしたビール、グラバーやモースもビール党、福澤諭吉はビールの目利きだった、森鴎外が描いたビヤホール、ビールから生まれた町名。「日本ビール検定」顧問が語り尽くす、目から鱗のエピソードが満載!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビールの夜明け前(最初のビールは接待でした
  • 本邦ビール初醸造 ほか)
  • 第2章 外国人居留地のビヤザケ(なぜビール醸造所は造られたか
  • 四つの居留地ビール ほか)
  • 第3章 ビールの本場、誕生す(五稜郭とビール
  • 俺の給料下げてくれ ほか)
  • 第4章 四大ブランド勢揃い(半田の起業家たち
  • 商戦激しき博覧会 ほか)
  • 第5章 おまけ(ビール瓶の不自然な数字
  • 年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー
著作者等 端田 晶
書名ヨミ プハッ ト ウマイ ニホン ノ ビール オモシロ ヒストリー
書名別名 Japan history of Beer with anecdotes
出版元 小学館
刊行年月 2014.6
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-388370-2
NCID BB16084190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22436918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想