過労自殺

川人博 著

二〇一四年、過労死等防止対策推進法成立。近年、二〇〜三〇代の青年や女性たちの間にも、仕事による過労・ストレスが原因と思われる自殺が拡大している。なぜ悲しい犠牲が減らないのか。初版を全面的に改訂し、最近の事例や労災補償の有り様の変化、歴史の検証などを新たに盛り込み、法制定後に求められる防止策と善後策を具体的に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事例から(「願うことはただ一つ。5時間以上寝たい」-二四歳・化学プラント工事監督者 「このまま生きていくのは死ぬより辛い」-二七歳・システムエンジニア
  • 「残業月平均15時間」の求人票-二三歳・新入営業職社員 ほか)
  • 第2章 特徴・原因・背景・歴史(民間・政府の統計
  • 過労自殺の特徴 ほか)
  • 第3章 労災補償をめぐって(労災補償とは
  • 労災補償に関するQ&A ほか)
  • 第4章 過労自殺をなくすために(職場に時間のゆとりを
  • 職場に心のゆとりを ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過労自殺
著作者等 川人 博
書名ヨミ カロウ ジサツ
書名別名 Karo jisatsu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1494
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.7
版表示 第2版
ページ数 268,8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431494-3
NCID BB1607152X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22451691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想