十八史略

曾先之 著 ; 今西凱夫 訳 ; 三上英司 編

『十八史略』は『史記』や『漢書』『三国史』等、中国の十八の正史を簡潔にまとめた書物。古代から南宋滅亡までの流れをざっとつかむことができる。日本でも古くより広く親しまれてきたが、中でも今西訳は登場人物の心理に分け入り、背景説明も丁寧になされていることから読みやすく、「名訳」として定評がある。中国史の概説書としても、中国古典の入門書としても楽しめる構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 太古から春秋・戦国時代まで
  • 第2部 秦から西漢まで
  • 第3部 東漢から三国時代まで
  • 第4部 西晋から東晋まで
  • 第5部 東晋から隋まで
  • 第6部 隋から唐まで
  • 第7部 唐から南宋滅亡まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十八史略
著作者等 三上 英司
今西 凱夫
曽 先之
書名ヨミ ジュウハッシリャク
書名別名 Juhasshiryaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ソ5-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.7
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09632-6
NCID BB16051511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22477516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想