靖国史観

小島毅 著

本書は靖国神社創設の経緯をひもときながら、文明開化で儒教が果たした役割に光をあて、明治維新の独善性を暴きだす。気鋭の歴史学者が「日本」の近代史観に一石を投じる檄文。「国体」「英霊」「維新」の三章に、文庫化に際して新章「大義」を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国体(国体の本義
  • 寛政の改革 ほか)
  • 第2章 英霊(靖国の祭神
  • 誰が英霊なのか ほか)
  • 第3章 維新(維新の本義
  • 革命との相違 ほか)
  • 第4章 大義(大義の本義
  • 正義の戦争 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 靖国史観
著作者等 小島 毅
書名ヨミ ヤスクニ シカン : ニホン シソウ オ ヨミナオス
書名別名 日本思想を読みなおす
シリーズ名 ちくま学芸文庫 コ41-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.7
版表示 増補
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09627-2
NCID BB16051260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22474679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想