古代史への旅

黒岩重吾 [著]

卑弥呼の王権の背景、神武東征の意味、聖徳太子が天皇にならなかった訳、蘇我氏が仏教を取り入れた事情、大海人皇子が壬申の乱を起こした思い…。神武ゆかりの宇陀で青年期を送り、古代史小説の第一人者となった著者が、その謎をわかりやすく解説し、魅惑の世界へと誘う。ファンの熱望の声に応えて復刊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 壬申の乱と飛鳥の都の謎
  • 神武東征と卑弥呼の謎
  • 謎の天皇・継体と古代の政争
  • 継体戦争と古代人の衣食住
  • 『古事記』と『日本書紀』の謎
  • 蘇我氏はどこから来たか
  • 蘇我氏の野望と権力闘争
  • 蘇我氏はなぜ滅ぼされたか
  • 推古女帝即位の謎
  • 聖徳太子のロマンと実像〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代史への旅
著作者等 黒岩 重吾
書名ヨミ コダイシ エノ タビ
シリーズ名 講談社文庫 く1-36
出版元 講談社
刊行年月 2014.6
版表示 新装版
ページ数 487p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277863-3
NCID BB16025759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22430382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想