遺伝子が語る生命38億年の謎

国立遺伝学研究所 編

「なぜゾウはネズミより長生きなの?」「メスにモテる体はどのように進化してきたの?」「脳が発達するとき、遺伝子は何をしているの?」「なぜ多くの"がらくたDNA"があるの?」-生命のあらゆる面のカギをにぎる遺伝子に組み込まれた多くの謎。さまざまな分野にまたがる個別の謎の面白さをとり込んで、執筆者自身の素朴な疑問や体験談とともに、謎と謎解きの仕組みやその魅力を、ユーモアをまじえて楽しく紹介!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生物進化の謎(サイズの進化の謎-「もてる」体はどのようにつくられてきたのか?
  • 「移動する遺伝子」の謎-なぜゲノムには多くの「がらくたDNA」があるのか?
  • 多細胞動物の起源の謎-多細胞動物のボディプランはどのように進化してきたのか?
  • 地球型生物の謎-生命のルーツはなにか?
  • 多様性を生み出す進化の謎-求愛行動の進化はどのように新種を生みだすのか?)
  • 第2部 人類進化の謎(現代人の起源の謎-ヒトはどのように現代人に進化してきたのか?
  • 遺伝子多型の謎-ABO式血液型はなぜ生き残ったのか?
  • ヒトゲノムの暗黒部分の謎-どのような遺伝子の変化がヒトを進化させてきたのか?)
  • 第3部 ゲノムの謎(DNA複製の謎-細胞の中のDNAの数はどうなっているのか?
  • タンパク質の立体構造の謎-遺伝子から超小型機械「タンパク質」はどのようにできるのか?
  • 行動の遺伝の謎-性格は親から子へと受け継がれるのか?)
  • 第4部 細胞と染色体の謎(寿命の謎-ゾウはなぜネズミより長生きか?
  • 染色体分配の謎-それに失敗すると生物は病気になるのか進化するのか?
  • DNA収納の謎-長いDNAは細胞の中でどのように折りたたまれているのか?
  • 細胞の建築デザインの謎-分子からどのようにして細胞が組み立てられるのか?)
  • 第5部 発生と脳の謎(脳の個性の謎-遺伝子は脳の設計図なのか?
  • 子どもの脳の発達の謎-子どもの脳が発達するとき、脳の中で遺伝子は何をしているのか?
  • 生殖細胞の仕組みの謎-なぜ生殖細胞は減数分裂をおこなうのか?
  • 生殖系細胞の謎-なぜ生殖系幹細胞は分子万能性を獲得できるのか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子が語る生命38億年の謎
著作者等 国立遺伝学研究所
書名ヨミ イデンシ ガ カタル セイメイ サンジュウハチオクネン ノ ナゾ : ナゼ ゾウ ワ ネズミ ヨリ ナガイキ カ
書名別名 なぜ、ゾウはネズミより長生きか?
出版元 悠書館
刊行年月 2014.6
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903487-92-2
NCID BB16007746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22436067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想