学校英語教育は何のため?

江利川春雄, 斎藤兆史, 鳥飼玖美子, 大津由紀雄 著 ; 内田樹, 鳥飼玖美子 対談

政府や経済界は「グローバル人材」という1割ほどのエリート育成を学校英語教育の目的とし、小学校英語の低年齢化と教科化、中学校英語での英語による授業実施、TOEFL等の外部検定試験の導入などの無謀な政策を進めている。このままでは9割が切り捨てられる…。内田樹、鳥飼玖美子による白熱した対談も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学校の外国語教育は何を目指すべきなのか
  • 英語学習・教育の目的
  • 母語と切り離された外国語教育は失敗する-日本の学校教育における英語教育の目的を探る
  • なんで英語の勉強すんの?-会津若松の中学校を訪問して
  • 対談 内田樹×鳥飼玖美子「悲しき英語教育」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校英語教育は何のため?
著作者等 内田 樹
大津 由紀雄
斎藤 兆史
江利川 春雄
鳥飼 玖美子
書名ヨミ ガッコウ エイゴ キョウイク ワ ナンノ タメ
書名別名 Why Teach English at School?
シリーズ名 ひつじ英語教育ブックレット 2
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2014.6
ページ数 163p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-727-0
NCID BB16007189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22460007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想