俳句と川柳

復本一郎 [著]

俳句も川柳も、ともに十七音の文芸。季語や切字の有無だけでは区別がつかない。「風景を詠むと俳句、笑いを詠むと川柳」なのか。しかし、笑いを詠む俳句もあれば、風景を詠む川柳もある。連歌の発句・平句、狂句、前句付など、俳句と川柳のルーツを探り、新旧の名句を鑑賞し、また俳人や川柳作家の創作観を紹介、それぞれの本質を探り境界線を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十七音の文芸
  • 第2章 俳句に必要な「笑い」とは
  • 第3章 川柳のルーツを探る
  • 第4章 発句・川柳句合競演
  • 第5章 子規の俳句革新と川柳観
  • 第6章 久良岐と剣花坊の川柳革新
  • 第7章 川柳作者の見た俳句
  • 第8章 「切れ」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俳句と川柳
著作者等 復本 一郎
書名ヨミ ハイク ト センリュウ
書名別名 Haiku to senryu
シリーズ名 講談社学術文庫 2246
出版元 講談社
刊行年月 2014.7
ページ数 270p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292246-3
NCID BB1599516X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22442186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想