森見登美彦の京都ぐるぐる案内

森見登美彦 著

京都-小説家・森見登美彦を育んだ地であり、数々の傑作の舞台である。『太陽の塔』『きつねのはなし』『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』…。各作品の名シーンと、サカネユキ氏による叙情的な写真の競演。そして、現実と妄想が螺旋を描いて交わる、登美彦氏の古都愛溢るる随筆二篇を収録。本書をポケットに、あなたも、不思議で奥深い、この町の魅力に触れてみませんか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 左京区エリア
  • 四条近辺
  • 伏見区ほか
  • 番外編
  • 随筆(登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう
  • 京都捻転紀行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森見登美彦の京都ぐるぐる案内
著作者等 森見 登美彦
書名ヨミ モリミ トミヒコ ノ キョウト グルグル アンナイ
書名別名 Morimi tomihiko no kyoto guruguru annai
シリーズ名 新潮文庫 も-29-4
出版元 新潮社
刊行年月 2014.7
ページ数 140p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-129054-6
NCID BB15991475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想