入門老荘思想

湯浅邦弘 著

二〇〇九年一月、ほぼ完本の『老子』竹簡群が、北京大学に運び込まれた。これは、墳墓から盗掘され香港の骨董店を経由して海外に流出するところを、大学関係者が買い取り、寄贈したものである。諸子百家の中にあっても、儒家等とは大きく異なる主張を唱えたとされる道家であるが、その評価は果たして正しいのだろうか?新資料を踏まえて、『老子』『荘子』の言葉をじっくり読み解くことで、その謎に包まれた思想がいま解き明かされる。さらに、後年の中国思想家や仏教への影響、江戸期の日本やその他ヨーロッパ諸国での受容にも目をむける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "新発見"の竹簡資料
  • 第1章 老子と荘子-人物とテキスト
  • 第2章 老子の思想
  • 第3章 荘子の思想
  • 第4章 老荘思想の変遷-中国思想史への影響
  • 第5章 老荘思想の展開-東西文化の中で
  • 終章 老荘思想の今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門老荘思想
著作者等 湯浅 邦弘
書名ヨミ ニュウモン ロウソウ シソウ
シリーズ名 老子 (経典) 1079
荘子 (経典) 1079
ちくま新書 1079
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.7
ページ数 261p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06783-8
NCID BB15989145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想